DESIGN

オーガニックハウスに暮らす

窓から一歩出ると感じる、自然に寄り添う心地よさ

  • スタッフ通信
  • 2021.04.03

暮らしの中に自然を導き入れると、人は心地良いと感じます。

大きく張り出した庇とウッドデッキの間の空間は、中でも外でもない曖昧な場所。

そこでは木漏れ日の揺らぎや葉擦れの音、木立を抜ける風などの自然を五感で感じることができます。

ここ太宰府展示場[AZALEA(アザレア)]も

枝が伸びるように大きく張り出した庇(ひさし)とバルコニーが

奥行きのある影をつくり、太陽の光からやさしく守ってくれます。

窓とデッキの間には段差がないので

家の中からみると繋がって広く見える上に

デッキに出る際に、足腰に負担もありません♪

家と自然を曖昧につなぐこの第二のリビングで、四季の移ろいを感じて過ごす。

そんな時間が何より贅沢なのでないでしょうか。

オーガニックハウス博多は、人間にとって本当に豊かな暮らしをご提案します。

ぜひ展示場に体感しにきてくださいね♪

完全ご予約制にてご対応させていただきます。


ブログトップへ戻る

建築事例集とカタログを
無料プレゼント

理想の家づくりの参考にしたい方へ。
オーガニックハウスの建築事例集とカタログを
一緒にお届けいたします。

カタログ請求はこちら